【雑記】DAW機復旧【雑記】

どうしてもCubaseをインストールしてるPCでSONARのファイルを開かなくてはならない状況になり、
仲良く住んでね!と祈ったのも虚しく競合しまくりで不安定に。

しゃーないってんで、クリーンインストール実行。
してる最中にブルーバック、ああシステムのHDD取り替えればいいんですね先生。

■復旧開始

復旧作業自体は半日も掛からず終了、慣れたもんです。
とか言ってるとDuendeのドライバCDどこいったっけ?みたいな感じでoikoさんにイメージ送ってもらったり。

大体プラグインとかもインストールし直して、DAWのセッティング整えれば復旧完了ーです。
もちろんインストールしたのはSONARだけどな!

そもそもCubaseを入れたのは他の二人との互換性という名目だったのですが、
プロジェクトファイル渡したりしねぇー!しかも渡してもお互いDSPプラグインが複雑過ぎて共有出来ないときた。
あと「ちょっとバランス確認でこっちの部屋来てくれるかなー?」で済んじゃったり。

でもとりあえずCubaseで満足にMIXとMasteringは出来るようになったとは思うから、出先でCubase渡されても大丈夫なはず…。
作業効率は慣れに比例するとしても、今からじゃCubaseは習得する事が多すぎるのでSONARに戻るという始末。
当たり前だけど、ぶっちゃけどっちでも同じ事出来るし、モニタ音は若干違えどマクロ視点での大差は無いかなー。
ただSONARは書き出し項目に良く分からない項目があるのも事実で、とりあえず試したけど良いのか悪いのか分からない…。
そういう点はCubase安心できるのかも知れないです、あとはVSTの正確性とか。

分かった事はDuende、SONARでもCubaseでも安定しないって事です(^ω^)

再構築してて思ったけど、そろそろドラム音源新しくしたいなぁと。
何だかんだでThe Grimoire of Aliceの頃からほとんどキット変わって無かったり。
Meteraliceのスネアが気に入ってるってのもあって、その後は良いスネアにめぐり合えなかったり。
拡張キットが多くなりすぎて、あのスプラッシュどこだっけ?あのシンバルどのキットだっけ?みたいな。
BFDじゃ無理だろうなぁと思っていたところに、S2.0のメタルキット。
何かKillswitch風のDEMOとかあってキックとスネアは結構好みでした。
スネアとか最初からメタル向きな音じゃないともうどうしようもなくね…と思っていたところにリリースなので楽しみです。

音源と言えばピアノもそろそろIvory飽きてきたなぁとか贅沢な事言ってみたり。
ソロで鳴らす分には良いんですけど、オケとかに混ぜるとなると他にも選択肢が欲しいと思います。
メタルコアとかコンプがっつり掛かってるオケの中にIvoryを混ぜるならC7以外は好みにならないんだけど、
ウチみたいにここぞとばかりに曲中でピアノソロになったりするとC7よりスタインウェイを選んでしまう。
じゃあ両方使えば良いじゃんってなるんですが、Ivory重くさえなければウギギ。
だから軽いピアノライブラリを要求します、そういう意味だとこの前リリースしたRHODES PremierのNEVE Pianoを試してみたい所です。

■抜歯したです、痛いです

スイスイとDAW機が動くようになって一安心。
しかし前からヤバかった右奥歯がついに噴火したようで歯医者に駆け込みました。
とりあえずもうどうしようもないから抜いちゃおうってんで、スッパスッパと引っこ抜きました。
歯の根っこがもう繋がってなくて、二つに別れていちゃったあたり、なんでもっと早く歯医者さんに来なかったのと責められ、
去年末から何してたっけと思い返すと、引越しもあってか歯医者を探してる余裕も無く今に至っていた…。

で、驚いたのが抜歯してくれた担当の先生が麻酔超上手い。
局部だけにしっかりかかっていたなんて初めてでした、抜く時はさすがにメシメシいってたけど。
一先ず抜歯跡を縫って経過を見るとの事ですが、やっぱ麻酔切れてくるとすげー痛いです…。
麻酔って偉大だなぁと医学に感謝でした。
更に驚いたのが、

「麻酔効いている内に抜歯前後の虫歯も治療しておいたんでー」

あなたが神か!本当にGJですよ先生GJ。

■TAB譜作ったです

・TAB譜

左上にも項目追加してありますが、今までリリースした自分のアルバムのTAB譜を整理してみました。
Guitar Pro5というソフトで再生出来ると思うので、お暇な方は再生してみてください。
不具合とか起きてもアタシは責任取れませんぜー。

  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2001